News & Topics  BeautifulEyesの最新情報、お知らせのご紹介。

2016.9.2 LDK 特別編集 theBeauty2016〜17にてBeautifulEyesが紹介されました。

2016.7.23 日本航空ハワイ全線ビジネスクラスの機内フリーマガジン「’Eheu」にBeautifulEyesが掲載されました。

2016.6.14 6月15日(水)〜21日(火) 新潟伊勢丹2階特設会場にてサングラスの展示販売を行います。
鼻パッドによるシミを解決したかった医師と鼻パッドのないフレームで実績のある【ネオジン】がコラボ。
美容・アンチエイジング・疲労予防に着目したサングラスをご紹介します。
(有)ブリッヂコーポレーション代表「宮下務氏」と6月16日(木) 14時〜16時には野本真由美スキンケアクリニック院長「野本真由美」が来店します。
調節ご希望の方もこの機会に、ぜひお立ち寄り下さい。

2016.4.16 4月16日発売「美ST 6月号」にてBeautifulEyesが紹介されました。

2016.4.1 待望の度付きメガネがついに登場いたしました。
美容皮膚科医がお肌の負担を軽減させる為に考案した、鼻パッドのないサングラスに続き、皆様からご要望の多かった度付きメガネがついに販売開始になりました。

ショッピングガイド

インスタ

美しく、心地よく。長く寄り添うものだから
「美容皮膚科医ならでは」のこだわりを

しわや肝斑が生じやすい目周りを、紫外線カット(※)で美しく守ります。
目のアンチエイジングにも注目。
また、鼻パッドがないので鼻の付け根が赤くならず、
シミにならず、メイクもとれません。

✓ 角膜障害、白内障、ドライアイなど紫外線から目を守ります。
✓ 眼性疲労、網膜疾患など、ブルーライトから目を守ります。

※紫外線カット率99%以上、ブルーライト35%〜50%

こんなお悩み、ありませんか?

顔に合わないサングラスやメガネは
着用時のストレスの原因になります。

日本の誇るものづくりを、医療へ。
Making what proud of Japan, to medical care.

長く寄り添うものだからこそ医療の視点からものづくりを考えました。
目は裸の脳と言われており、紫外線からの目を守ることがアンチエイジングにつながります。

BeautifulEyesが実現したのは
ファッション性を兼ね備えた医療目線のメガネでした。

小じわや肝斑が生じやすい目周りを日本一のレンズメーカーHOYA製の最上級レンズを使用することで
紫外線100%カットやブルーライト35%以上カットが実現。
夏にVIPコート加工によるクリアな視界で目が疲れません。
また、美容皮膚科医が考案したからこそ、ファッショナブルなデザインにもこだわりました。
メガネを小さな鼻骨1点ではなく、頬骨の上と耳の上の2点で支えるため、負担が少なく軽い。

この3つの視点から考案された全く新しいサングラスのカタチ





鼻パッドがないと、お手入れが簡単です。

レンズが皮脂やメイクの油分で汚れたら、付属のセリートを使用するほかに石けんと流水で直接レンズを洗浄することもできます。
洗浄後は、タオルではなくコットンガーゼなどでやさしく水分を拭き取ってください。

BeautifulEyesのラインナップ

BeautifulEyesでは、 様々なシーンでお使いいただけるよう、
「メガネタイプ」 と 「サングラスタイプ」 の2タイプをご用意いたしております。
実用性はもちろん、 デザイン性にも重点をおくことで普段の生活に取り入れやすい医療用メガネが完成しました。

度付きメガネ

カジュアルからフォーマルまで。様々なシーンに対応したオールマイティーモデル。度付きにも対応可能でファッション性と実用性を兼ね備えます。

さらに商品を見る

サングラス

よりファッショナブルに、デザイン性を重視したサングラスタイプ。普段のオシャレに取り入れやすく、気軽に試していただけるモデルです。

さらに商品を見る

フィッティングマニュアル

BeautifulEyesのメガネ、サングラスは、鼻骨の1点で支えるのではなく、頬骨2点で安定して支えます。
鼻骨だけで支えるよりもメガネ、サングラスが下がりにくく、鼻の付け根に痕が残りません。

 STEP1 フレームを装着

サイドパッドを頬骨より少し上に来る位置でフレームを下ろします。頬骨は指で触るとわかります。

 STEP2 サイドパッドを調節

左右のサイドパッドは1mm単位で調節できるため、ご自身の日々のコンディションに合わせて微調整ができます。コツは少しだけ”ハの字”にすることです。きつく感じるときは左右のサイドパッドを1mmづつ広げ、一方、隙間を感じるときには左右のサイドパッドを1mmづつ狭めてください。

 STEP3 フレームの位置を調整

上の図のようにブリッジの中央が鼻の中央にくるように左右のサイドパッドを調節します。

サングラスセレクト方法

それぞれの輪郭に合わせたサングラスのカタチをご提案。

FAQ

よくある質問




Q メガネが浮いてるように思える。

A サイドパッドの幅が狭いことが予想されます。

アーム部分の根元を抑えて両方のパッドを少しづつ広げてみてください。一方、広げすぎてしまうとメガネは下がってしまいます。



Q パッドは交換できるの?

A 必要に応じて交換できます。

皮脂やメイクが付着しているとメガネが下がるようになってきます。こまめに拭き取ってください。



Q サイドパッドの調節は自分でできるの?

A もちろん可能です。

ご自身のお顔の幅に合わせて1mm単位で調節できるので、その日のコンディションに合わせて簡単に微調節が可能です。調節の仕方はフィッティングマニュアルでご確認いただけます。



Q 自分に合うメガネはどれなのか選べない。

A ご自身のお顔の形を基準にしてください。

当店のHPでも顔の輪郭に合うスタイルのメガネをご紹介しておりますので、サングラスセレクト方法を参考にしてみてください。



Q 実際にBeautifulEyesを手にとってみたい。

A 全国の取扱店、取扱医療機関でご覧いただけます。

銀座グランパグラス様では、鼻パッドのない眼鏡の開発元である、有限会社ブリッヂコーポレーションの「ネオジン」コレクションの中で多数お取扱い頂いております。その他、全国の取扱医療機関もございますので、足を運んでみてください。